教会の紹介


 このホーム・ページを開かれたあなたに神様の平和がありますように。

 教会の紹介をします。紹介しているわたしは、
 小樽オリーブ・ルーテル教会の牧師木村繁雄です。
 主イエス・キリストにある出会いが始まり、感謝します。
 ご一緒に神様のことや、主イエス・キリストの救いについて、共に考えていきましょう。


 教会の場所
 教会の場所は、小樽の天狗山の麓にあります。
 住所:松ヶ枝1丁目9番5号  電話:0134−33−4001

   小樽市内を走っている山の手循環線に乗って
   「松ヶ枝」のバス停で降ります。
   小道を1分程山寄りに歩きますと、
   オリーブ幼稚園と教会が見えます。
   そこが、小樽オリーブ・ルーテル教会です。

 ※車で来られる場合は天狗山を目指して
   上って来ると分かりやすいです。
   天狗山ロープウエーの方には行かないで
   松ヶ枝を目指してください。


 教会の活動
 *毎週日曜日 午前10時30分より 主日礼拝
    礼拝はどなたでも自由に出席することが出来ます。

 *毎週主日礼拝の後 だいたい午後12時頃から コーヒータイム
    参加出来る方々と一緒にコーヒーを飲みながら
    お話しのひとときを持っています。

 *毎月第2、第4日曜日午後1時 聖書の学び
    ローマの信徒への手紙から共に学びをしています。

 *毎月第2、第4日曜日朝9時からの一時間は学生を中心に、聖書の学びをしています。

 *その他、イースター、クリスマスを始め、後志伝道、道南ブロック、
    北海道地区の行事に参加しています。


 「オリーブ」の名前:
 それは、聖書多く登場する木と山の名です。
 まず最初に旧約聖書の創世記7章から8章に、ノアの箱船から放たれた鳩がオリーブの若葉を口にくわえて持ち帰った話が記されています。その他にも約30回以上載っています。

 また、新約聖書にもしばしば、オリーブが登場しています。オリーブ山のオリーブの木を始めとして、約20回以上あります。そして、実際イスラエルにはオリーブの木がたくさんあり、実からはオリーブ油が作られます。

 主イエス・キリストは、十字架の死を目前にして、父なる神に壮絶な祈りを捧げました。その祈った場所ゲッセマネの園には、今でもよじれた古い大きなオリーブの木があることは有名です。その「ゲッセマネ」という言葉は、ヘブライ語で「油しぼり」という意味があります。
 その豊かに実る木の実から、すばらしく質の良い油がしぼられます。今でも、オリーブの木の実からしぼられた油は、非常に健康に良いということで、私たちの日常の生活にも盛んに取り入れられているほどです。

 この貴い恵みであるオリーブの若葉をみた時のノアの喜びはいかばかりだったでしょうか。40日40夜続いた大雨による大洪水の後、最初の賜物として、贈られたのが、このオリーブの若葉でした。その若葉は、ノアが地の面から水がひいたかどうかを確かめるために放した1羽の鳩がくわえてきたものです。その小さなオリーブの若葉は、ノアを力づけ、励ましました。

 神様の愛は限りなく大きいです。そして、その愛は、惜しみなくすべての人に注がれています。それで、私たちは、その愛を喜んで受入れ、豊かなオリーブの木に接ぎ木されて、その養分に育まれ、成長させていただくように願い求めているのです。
 「神の慈しみにとどまるかぎり、あなたに対しては慈しみがあるのです」と、パウロは、ローマの信徒への手紙11章22節に記しています。

 どうか、神の愛が、限りなく豊かに、
    あなたと全ての人々の上に注がれますように、お祈りします。アーメン。


トップページに戻る